lumentop2

過去の展覧会情報

山田勇男展『フェヴァリット』

new

銀河画報社映画倶楽部&ヤマヴィカフィルムフィルム上映会

独特の世界観が圧倒的に支持されている異能のフィルム映画作家、ドイツ在住の山田勇男氏による、離日直前の緊急上映。ファンタスムスとの共催でお贈りします。


会期

2018年3月31日(土)


ゲスト

山田勇男監督


上映時間

31日(土)
Aプロ14:30〜
Bプロ16:30〜
Cプロ18:30〜
※Aプロ開場は14:00〜、B、Cプロは前のプログラム終了後に開場


料金

1プロ 前売:1,000円 / 当日:1,200円


お問い合わせ

phantasmsjp@gmail.com


ご予約は以下Webサイトよりお申し込みください。
http://hamango.net/yamavica/

!8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]

new

8mm・16mmフィルム上映会

フィルムを愛し、あらい粒子の蠢きや、ときにはスレや傷にまで新鮮な美しさを見出し制作を続ける作家たちの新作上映会『!8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]』
ジャンルを問わない短編映画たちが「フィルムを懐かしむにはまだ早い!」と観る人々に語りかけます。8ミリフィルムと16ミリフィルムで2018年現在進行形、びっくり印の体験となることでしょう!


会期

2018年3月24日(土)〜25日(日)


上映時間

24日(土)
Aプロ13:30〜
Bプロ15:00〜
Cプロ16:30〜
京都プロ18:00〜
25日(日)
京都プロ13:30〜
Cプロ15:00〜
Bプロ16:30〜
Aプロ18:00〜
※各回上映後に、来場作家のティーチ・インあり。



料金

一般 1プロ ¥1,000 / 2プロ ¥1,700 / フリー券 ¥3,000
学生 1プロ ¥500 / 2プロ ¥900 / フリー券 ¥1,500
※各回入替制


主催:Spice films・Lumen gallery

協力:8mmFILM小金井街道プロジェクト
   日本映像学会アナログメディア研究会
   SpiceFilms〔spicefilm.blog.fc2.com〕


京都精華大学映像コース4回生有志上映会「エイマージュ」

new

京都精華大学映像コース4回生20名による有志上映会

「エイマージュ」は京都精華大学芸術学部メディア造形学科映像コース4回生20名による有志上映会です。 今年度の卒業制作を中心に過去作、新作の上映を行います。


会期

2018年2月23日(金)〜25日(日)


上映時間

23日(金) 16時30分〜 Aプログラム 18時30分〜 Bプログラム

24日(土) 14時30分〜 Bプログラム 16時30分〜 Aプログラム
      18時30分〜 Bプログラム

25日(日) 14時30分〜 Aプログラム 16時30分〜 Bプログラム
      18時30分〜 Aプログラム

※各プログラム上映終了後、各出品作家による作品解説トークを行います。


料金

1プログラム 500円
2プログラム 800円


リンク

facebookページ


主催:京都精華大学 芸術学部映像コース4回生有志
お問合せ:代表 梅岡 yuihoumeoka@gmail.com


成安造形大学 メディアデザイン領域 3年生上映会 MIX

new

成安造形大学メディアデザイン領域 アニメーション・CGコース、映像・放送コース 3年生の映像作品とゲーム作品を紹介します。


会期

2018年2月17日(土)〜18日(日)


時間

12時〜19時


料金

入場無料

瀬々敬久監督作品 『ヘヴンズ ストーリー』ブルーレイ上映

new

4時間38分の壮大な「自主製作」

2010年に製作された壮大な「自主製作」大作4時間38分。監督は『64(ロクヨン)』などですっかりおなじみになった瀬々敬久。
その長大さもあって公開の機会はかなり限定されているが、瀬々は毎年東京・大阪・京都などで「自主上映」を敢行し続けている。
今回は、7年目にして実現した待望のBD/DVD化を記念してのBD上映。12日には瀬々監督も来場してトークショー(15時過ぎより)も開催予定。

会期

2018年2月10日(土)〜12日(月)


上映時間

10日(土)
10:30〜15:00
16:00〜20:30

11日(日)
10:30〜15:00
16:00〜20:30

12日(月)
10:30〜15:00
15:15〜16:10 瀬々監督トーク
16:30〜21:00

料金

一般¥2,000
学生¥1,000

瀬野大輔 書作展「BLIND」

new

2018年、福間あきプロデュースイベント・アート第1弾!

映画館という会場を舞台に、「書」は如何に「書」であり続けられるのか?
五感を用い体感していただく、いわゆる書作展とは一風変わったアプローチを試みた、classical(古典的)でありcontemprary(現代的)な展示会です。

会期

2018年1月17日(水)〜21日(日)

20日(土) 13:00〜 レセプション
21日(日) 18:00〜 ギャラリートーク
※ギャラリートークは入場料1500円で、飲み放題です。

リンク

瀬野大輔 HP https://www.daisukeseno.com/

松本先生追悼 京都時代の映像展

new

日本実験映画の草分け、松本俊夫氏の追悼上映


松本俊夫・1932年生まれ。日本において実験映画をいち早く手掛け、1950年代から60余年にわたり、常に第一線で活躍。その比類の無い実験精神を以て、多岐ジャンルに渡る膨大な数の評論家・美術家・映画作家・映画監醤に多大な影響を与え続ける。また、福岡や京都など各地で精力的に教鞭を執り、その驚陶を受けた学部生・院生は数え切れない。
2017年4月12日 、逝去。享年85歳。巨星墜つ…..

会期

2017年12月15日(金)〜17日(日)

上映時間

15日(金) 19時〜
16日(土) 17時〜・19時〜
17日(日) 16時〜・18時〜

料金

一般 1,000円
学生 500円


主催:Lumen gallery
お問合せ:info@lumen-gallery.com
協力:ダゲレオ出版 FMF NPO法人戦後映像芸術アーカイプ
科研費番号「JSPS科研費15K02184」

JAPANESE ART ANIMATION COLLECTION VOL.002

new

日本のアートアニメーションコレクション第二弾!


Lumen galleryがセレクトした9人のアニメーション作家による作品集です。
2015年に京都で誕生した映像専門ギャラリーのLumen galleryでは数多くの映像作品を紹介してきました。日本には数多くのアニメーション個人作家が存在し、非常にバリエーション豊かな作品が日々生み出されています。ネットで様々な作品が鑑賞出来る反面、作家の価値のある初期作品などは視聴が難しいこともあるかと思います。そのような状況を踏まえて新旧問わず優れたアートアニメーションに焦点を当てた上映展を企画しました。

会期

2017年12月2日(土)〜3日(日)

上映時間

16時〜・18時〜

出品作家

相内 啓司・浅野 優子・大山 慶・久野 遥子・清家 美佳・守田 法子・山村 浩二・横須賀 令子・米正 万也


料金

1,000円


主催:Lumen gallery
お問合せ:info@lumen-gallery.com

『ラオス 竜の奇跡』特別上映会

new

トークイベント「大切な場所」に合わせて、映画『ラオス 竜の奇跡』の特別上映


サウナの梅湯で同日開催されるトークイベント「大切な場所 ~映画館と銭湯と~」に合わせてLumen galleruにて映画『ラオス 竜の奇跡』の特別上映を行ないます。

会期

2017年11月26日(日)

上映時間

12:30~17:00

料金

1,000円


リンク

トークイベント: https://www.facebook.com/events/1747072602001091/
公式サイト: http://saynamlai.movie
公式FBページ: https://www.facebook.com/saynamlay/

KINO VISION 2017

new

全国の大学から選抜された作品を上映!


『京都メディアアート週間』の名称を『KINO-VISION』に変更し、会場を映像専門のLumen Galleryに移して、3年目となります。
今回のプログラムは、例年の日本映像学会・映像表現研究会が主催する<インターリンク=学生映像作品展(ISMIE2017)>(参加予定20校)とICAF実行委員会等が主催する<インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF2017)>(参加27校)から選抜された学生映像作品を上映します。それぞれ日本国内の映像制作の教育を行う大学(大学院を含む)・短大・専門学校の教員推薦による短編映像作品・アニメーション作品の優秀作品集です。
また今回は大阪の“ナレッジキャピタル”が主催する教員推薦によるコンペ<ISCA 2016>より入賞作品集も合わせて上映致します。ここ1~2年の全国の優秀な学生短編映像作品を一望できる機会となります。是非、ご覧下さい (INA)

会期

2017年11月17日(金)〜19日(日)


入場料

無料


日時14:3016:0017:0018:00
17(金)---Aプロ
18(土)FプロBプロCプロ+トーク-
19日(日) DプロEプロ+トーク--



主催:KINO-VISION
共催:日本映像学会・映像表現研究会、ICAF実行委員会+日本アメーション学会&日本アニメーション協会
協力:(社)ナレッジキャピタル+(株)スーパーステーション、京都精華大学 芸術学部 映像専攻
KINO-VISION2017:http://www.kyoto-seika.ac.jp/kino/2017/index.html
         :http://seika-eizo.com/kino/2017/index.html

スタン・ブラッケージ個展

new

海外実験映画再考 Stan Brakhage Shock!!


アメリカを代表する実験映画作家のひとり、スタン・ブラッケージ。1950年代から2002年の遺作まで、今回は日本にて上映可能なほぼ全作品を集めた絶好の機会!!
京都初公開の作品も4作品ラインナップされました。
初めての人も、何回も見たツワモノも、この映像体験をぜひご一緒に!!

会期

2017年10月26日(木)〜29日(日)


上映スケジュール

日時14:0016:0018:0019:00
26(木)---Aプロ
27(金)---Dプロ
28日(土) BプロCプロゲストトークDプロ
29日(日) BプロCプロゲストトークAプロ


ゲストトーク

水由 章氏《ミストラル・ジャパン》(予定)


料金

<一般> 1プロ ¥1,000 / 2プロ ¥1,700 / フリー券 ¥3,000
<学生> 1プロ ¥500 / 2プロ ¥900 / フリー券 ¥1,500


主催・共催・協力

主催:ルーメン・ギャラリー
共催:ミストラルジャパン
協力:日本映像学会 アナログメディア研究会

大谷健太郎監督フィルム映画特集

new

とらばいゆ、NANA、黒執事で知られる大谷監督のフィルム作品公開!!


劇場未公開の初期8mm作品2本と、劇場デビュー作35mm映画「アベック モン マリ」を上映。中でも注目は90分の恋愛映画「青緑」。デジタル化されていない貴重な8mmフィルムをスクリーンに上映します。(他2本はDVDからの上映)

会期

2017年10月6日(金)〜9日(月)

料金

4days pass 一般2,500円/学生2,000円
1プログラムのみの鑑賞券 1,000円


大谷健太郎トークイベント

「僕はこうして映画監督になった」
10月7日(土)17時〜 入場無料


上映スケジュール

6日(金)7日(土)8日(日)9日(月・祝)
私と、他人になった彼は
19:00~19:50
青緑
13:00~14:30
アベックモンマリ
13:00~14:40
私と、他人になった彼は
13:00~13:50
アベックモンマリ
20:20~22:0
アベックモンマリ
15:00~16:40
私と、他人になった彼は
15:00~15:50
青緑
14:20~15:50
トークイベント
17:00~18:30
青緑
16:20~17:50
アベックモンマリ
16:20~18:00

福島菊次郎展「写真展」&「ドキュメンタリー上映」

new

福島菊次郎展/写真展&映画上映 同時開催!!


ジャーナリスト界で「伝説」と語り継がれる報道写真家・福島菊次郎。その撮影キャリアは敗戦直後のヒロシマに始まり、以来、ピカドンから三里塚闘争、安保、東大安田講堂、水俣、ウーマンリブ、祝島........。レンズを向けてきたのは激動の戦後日本である。真実を伝えるためには手段を選ばない。防衛庁を欺き、自衛隊と軍需産業の内部に潜入取材して隠し撮り.........。写真を発表後に、暴漢に襲われ自宅に放火されるなどしたが、それでもシャッターを切り続けた。切り取られた250,000枚の写真が放つ圧倒的な真実から、私たちは権力が隠し続けた「嘘っぱちの日本」を知る事になる。冷静に時代を見つめ、この国に投げ続けた「疑問」を、今を生きる日本人に「遺言」として伝え続ける中で東日本大震災が発生。福島第一原発の事故を受け、彼は真実を求めて最後の現場に向かうのだった。
2015年9月24日。ヒロシマからフクシマへ......権力と戦い続けた老写真家は、94歳でその生涯を閉じ、新たな日本の「伝説」となった。

写真展

会期

2017年9月13日(水)〜9月24日(日)

時間

13時〜19時30分(最終日は18時まで、19日(火)は休廊)

会場

galleryMain

料金

入場無料


ドキュメンタリー上映

上映作品

『ニッポンの嘘』〈カラー/114分/2012年〉


日時

日時13:3015:3016:0018:0019:00
15日(金)----
16日(土) -ゲストトーク-
17日(日) -ゲストトーク-
18日(祝) ---
22日(金)----
23日(祝)---
24日(日)---

上映協力券

¥1,000均一 (当日のみ。前売・予約販売しません。)

会場

Lumen gallery

トークゲスト

プロデューサーの橋本佳子氏を予定。

2017 BUSAN-KYOTO VIDEO EXHIBITION

new

10年続く釜山と京都の映像交流 初の日本開催!!


2007年に開始されたEX-BK (EX=Exchange,Experimental,Exhibition/BK=Busan,Kyoto)は京都と釜山における映像作品のエクスチェンジ•プログラムです。毎年、美術系学生からキャリアある映像作家まで自由にミックスされた短編映像プログラムを釜山のインデペンデントスペースにて上映してきました。出品作家は釜山の上映会に参加し、京都と釜山の作家同士が交流することで、国境を越えた制作スタイルや考え方の違いに双方刺激を受け、さらに制作意識を高めることを目的としてきました。
開催10年目を迎える本年は、釜山からジョ•ワンジュン氏(プログラムディレクター)を迎え、京都五条Lumen galleryにて上映会を開催します。今回の韓国プログラムは「記憶、記録、蓄積」をテーマとした実験的映像が予定され、それに呼応した京都プログラムは、今夏にLumen galleryにて開催されたVIDEO PARTY 2017からの最新短編セレクションです。真摯な視線を感じる韓流実験映像と日本の多様な個性を放つ個人映像の共演、ぜひともご期待下さい。

会期

2017年9月9日(土)〜10日(日)

上映時間

各日17:00〜(プログラムA) ,19:00〜(プログラムB)

入場料

500円(1プロ券)、¥1,000(2プロ券)

Art Sort Boot 2017

new

Art Sort Boot 2017 開催決定!!


2015年に始まった異種表現交流公募展「Art Sort Boot」第3回目の概要が決まりました。

写真ギャラリー galleryMain、そして映像ギャラリー Lumen gallery による合同企画の公募グループ展を開催します。
2つのギャラリーは写真/映像が中心ですが、本展の特長は、写真、映像、絵画などジャンルフリーで参加出来る公募展であるという点。アートや表現の幅が広がる中、ジャンルにとらわれず、様々な表現と表現者に出会いたいと思います。

「作家とギャラリーの”きっかけ”として」

ギャラリーは、作家とともに作品を高め、良い展覧会をサポートする場所です。このようなギャラリーとの付き合いや関係性は、作家活動においてはとても重要だと言えます。
また、このグループ展をきっかけに、二つのギャラリーは、作家と作家との相互刺激に満ちた《可能性の場》として機能できると考えています。
これから個展を開きたいと思っている方、どのようなギャラリーだろうとご興味をお持ちの方、この機会に是非ご参加ください。

「日頃の作品の発表の場として」

個展までは出来なくても作品を発表したいと考えている方!
複数ジャンルによる作家グループ展示ですので、さまざまなジャンルの方が来場されることとなります。いつもとは違う方に作品を見て頂くことで、作品ー作家ー鑑賞者の閉塞的な関係性が刺激され、深く熱い交流が生まれ、新たな制作のエネルギーやインスピレーションが生み出される事を期待します。
交流会も用意しておりますので作家同士の繋がりも是非深めてください!

会期

2017年8月30日(水)〜9月3日(日)

時間

13時〜19時30分(最終日は18時まで)

交流会

9月1日(金) 19時〜22時 *出品作家無料

VIDEO PARTY 2017

new

多様な個人映像の世界


今年で5回目となる個人映像の公募展です。国内外から応募された65作品を一挙上映します。
毎年応募された作品は海外でも紹介しますが,この京都上映から始まります。多様な個人映像の世界にぜひご参加下さい。

会期

2017年7月28日(金)〜7月30日(日)


料金

1プログラム 1,000円
フリーチケット 3,000円


リンク

公式HP


上映時間

日時16:0017:0018:0019:00
28日(金)P1P2
29日(土)P3P4
30日(日)P5P6

宝•映•島 台湾映像祭

new

最新台湾映像作品展


台湾の台中市を中心に映画祭を開催するなど若手の映像を紹介し、国内外に情報を発信している未来電影日がセレクトした最新台湾映像 5プログラムを上映します。
アニメーションから短編映像まで洗練された技術と表現の映像をぜひお楽しみください。

会期

2017年7月21日(金)〜7月23日(日)

時間16:0018:00
7月21日(金)-第1組
7月22日(土)第2組第3組
7月23日(日)第4組第5組


料金

1プログラム 500円
3プログラム 1,000円
5プログラム 2,000円


関連企画

“ 土鼈 - どべつ - ” 何宇倫 写真展
会期:7月19日(水)〜7月30日(日)13:00ー19:30 ※月・火休廊
会場:galleryMain


帰巣譚〜きそうたん〜

new

〜福間良夫 没後10年追悼 映像作品展〜


70年代初頭から今日まで、40年間続く日本最長シネマテーク活動グループ【FMF】。この奇跡の集団の立ち上げに参加し、牽引し続けたのが、福岡の映像作家・福間良夫でした。
彼は、残念なことに2007年6月、腹部大動脈瘤の破裂によりこの世を去りました。
彼の遺した少なくない8mmの映像作品群は、没後10年の月日を経て、ますますその魅力を増しているように思われます。
今回は、福間作品の一部12作品と、櫻井篤史(筆者)との映像交換。そして、今日のスタッフも含むFMFの歴代参加スタッフ作品セレクト、さらには、FMFを40年支援し続けているイメージフォーラムのかわなかのぶひろ氏、福間良夫のパートナーであり同士であった宮田靖子氏、そして緊急上映として、先日2017年4月12日に逝去した映像作家・松本俊夫氏の作品を合わせてお届けします。
貴重なこの機会、是非お見逃しなく。
お誘いあわせてお運びください。

会期

2017年6月28日(水)〜7月2日(日)


上映スケジュール

時間13:0015:3017:3019:30
6月28日(水)---【A】
6月29日(木)---【B】
6月30日(金)---【A】
7月1日(土)-【A】+Talk【B】【C】
7月2日(日)【C】+Talk【B】【A】-


入場料

1回券   ¥1,000
フリー券 ¥2,500(学生2,000円)


共催

ルーメン・ギャラリー/フィルム・メーカーズ・フィールド

協力

メタ フィルム マーヴェラス/かわなかのぶひろ

セイリー育緒プロデュース アイパッドアーミー企画展vol.1
 「ママン」~あなたは愛でずぶ濡れになる~ 加地 猛展

new


アイパッドアーミーとは.......

プロデュースを手掛けるセイリー育緒のコトバ。「私にとって写真=フィルム。これは絶対。でもある日、加地猛のオカン画像を見てショックを受け、映像の表現ツールとしてipadやスマホの身軽な可能性を追求してみたくなった。つまり写真家を目指さない人間の単発的な画像作品を展示表現していく試みが、このアイパッドアーミーなんです。」
つまり、セイリー育緒 プロデュース アイパッドアーミーとは 、面白いデジタル画像を撮りためてしまった場合に所属できる非写真家集団なのである。

会期

2017年5月31日(水)〜6月4日(日)


時間

13:00 - 19:30


入場料

¥500(限定グッズ付)


緊急ベント

初日の5月31日(水)は、18時から会場にいしいしんじさん登場!!
その場で小説パフォーマンス!!


リンク

Film Camera Revival

平行宇宙

new

オガサワラミチ個展〜ドローイング & オブジェ


2017年に入ってから描きあげた新作100点以上の作品を展示します!

会期

2017年5月16日(火)〜21日(日)


時間

13:00 - 19:30


ライブペインティング

日時

5/21(sun.)19:00~

音楽

There is a fox & Takeshi Udo
※ライヴのみ入場料1000円(缶バッチ付き)です。


リンク

gallery ogasawara

鈴鹿芳康 YASU SUZUKA PINHOLE PHOTO EXHIBITION
個展 聖地 sacred places

new

kg_plusKG+ ASSOCIATED PROGRAM


風曼荼羅 WIND MANDALA -日本の聖地より- at galleryMain
風曼荼羅 WIND MANDALA -世界の聖地より- at Lumen gallery

◎特別展示企画 at Lumen gallery

鈴鹿芳康の30年にわたるピンホール写真作品から厳選された特装版ポートフォリオを展示・販売致します。

会期

2017年5月3日(水)〜14日(日)
休廊日:5月8日(月)


時間

13:00ー19:30  *最終日は18:00まで


会場

Lumen gallery + galleryMain


入場料

500円


対談

14日(日) 13:00〜
  「鈴鹿 芳康 × 佐伯 剛 対談トーク」
*トークに関しては入場無料!
(佐伯 剛氏:風の旅人 Founder, Editor-in-Chief 風の旅人 発行人・編集長)

リンク

鈴鹿芳康 Official web site jp.yasusuzuka.com
京都を拠点に世界中で活動を行っている鈴鹿芳康の公式ホームページです。
It is an official homepage of Yasu Suzuka who is acting all over the world based on Kyoto.


主催:galleryMain, Lumen gallery
協力:Awagami Factory


相原信洋七回忌追悼映像展

new

元祖サイケデリックアニメーションのデジタルリマスター上映


相原信洋は、1944 年に神奈川県に生まれ、デザイン学校で学んだのち、スタジオゼロ やオープロダクションで TV アニメのアニメーターとしての仕事に取り組んでゆく。そ の一方で、1965 年より個人としてのアニメーション制作も開始する。
相原のフィルモグラフィー には、実験的なドキュメンタリーと呼ぶしかない『シェルター』(1980)および『マイ・シェ ルター』(1981)や、家屋の壁面や屋根に映写機からの映像を投影する『リンゴと少女』(1982)、女性のヌードと夕暮れの野原が多重露光される『とんぼ』(1988)など、異 質性を持った作品が幾つも存在する。安易な分類や解釈を拒否する、狭義のアニメーショ ン作家にとどまらない異質性を持ったアニメーション作家、それが相原信洋なのだと思う。(阪本裕文氏フライヤー寄稿文より抜粋)

会期

2017年4月28日(金)〜30日(日)


上映スケジュール

28日(金) ・19:00
29日(土) ・17:00 ・18:30(ゲストトーク) ・19:30
30日(日) ・16:00 ・18:00
※各回 同プログラム

ゲストトーク:阪本 裕文(映像研究者)× 大西 宏志(京都造形芸術大学 教授)


入場料

1,000円
※ゲストトークは無料


感謝

大島 治
阪本 裕文
相内 啓司

※今回上映される作品は JSPS 科研費 15K02184 の助成を受けデジタルリマスターしたものです。

相原信洋七回忌追悼映像展プレイベント『いい仮現な時間』

new

フィルムがかかった16mm映写機の駆動そのものを見る試み


間欠的に連続して短時間に入れ替わっていく写真が、「映画」として成立している瞬間を、実際に目にした事はありますか?
映像メディアが、アナログテープからデジタルへ、そしてデータ化されていく中で、フィルムを知る人はどんどんいなくなっています。
本企画は、アニメーション映像作家相原信洋氏が教鞭を執った大学の、学生課題とみられるシネカリ(フィルム膜面に、針などで直接描き込む)フィルムを16mm映写機にかけて、その様子を見ると言う展示企画です。

連続した写真や絵が、ダイナミックに動き出す様子を是非目撃しておいてください!

会期

2017年4月20日(木)〜23日(日)


開廊時間

13:00〜19:00


入場料

200円
※次週の相原信洋個展チケットをお求めの方は入場無料


比叡山千日回峰行写真展「光永圓道阿闍梨」写真 打田浩一

new

稀代の荒行「千日回峰行」に密着して13年。打田浩一渾身のフォトグラフ!!


断食・断水・不眠・不臥の堂入りなど、比叡山に伝わる超人的な荒行「回峰行」。
13年に渡り、若き大行満大阿闍梨の行の姿を追って、その真実を赤裸々に描き出したものである。

会期

2017年4月11日(火)〜4月16日(日)


開廊時間

13:00〜19:00


打田浩一 経歴

1978年 大阪写真専門学校卒
1994年 写真集「回峰行」出版
1998年 「ぎゃらりぃ西利」にて、写真展「回峰行」開催
1999年 京都「PARKER HOUSE ROLL」にて、写真展「BLUES LIVE IN JAPAN」開催
2000年 京都「PARKER HOUSE ROLL」にて、写真展「CHICAGO BLUES FESTIVAL」開催
2001年 京都「PARKER HOUSE ROLL」にて、写真展「CHICAGO CLUBS」開催
2016年 8月京都「gallery Main」と「Lumen gallery」にて、写真展「BLUES&CIGARETTES」を同時開催
2016年12月末 写真集「千日回峰行」出版

比叡山千日回峰行 光永圓道阿闍梨写真集

◉最新写真集『比叡山千日回峰行 光永圓道阿闍梨写真集』《春秋社刊/¥4,600 (税別) 》
★緊急発売!! 残部希少!! 是非この機会にお求めください。


第四回 景聴園“ となりあう借景 ”

new

日本画は、定義出来ない。


日本画とは何か。
追えば追うほど朧げになる日本画の姿を、それぞれの場所から共有しているのが景聴園(けいちょうえん)です。
結成五年目を迎え、景聴園では日本画のもつ曖昧さを肯定し、制作におけるキーワード─現象、座る、郷土愛、時間、土、、、─を掘り下げてきました。そこから見えてきた、五者五様の日本画との関わりを継いでいくことで、“日本画とは何か”という問いへのアプローチを試みます。

「借景」とは、遠くにある山や樹木などの景色を庭園の背景として取り入れる作庭の手法です。景聴園の作家五名の制作を庭園に例えるならば、全員の共通点は“日本画”という山を借景に用いていることでしょう。
ひとつひとつの庭から見える山の形は異なりますが、各々の尺度によって切り取られた景色がとなりあうとき、日本画の姿を垣間見ることができるのではないでしょうか。

京都での開催は四年ぶりとなる本展を、是非ともご高覧下さい。

会期

2017年3月29日(水)〜4月9日(日)
※休廊 4月3日(月)、4月4日(火)


開廊時間

平日 13:00ー19:30
土日 11:00ー19:30


メンバー:上坂秀明、合田徹郎、服部しほり、松平莉奈、三橋卓
アートディレクション/デザイン:乃村拓郎
アーカイブ/テキスト:古田理子
企画:景聴園
主宰:景聴園
協賛:株式会社 吉祥、株式会社 名村大成堂


◆トークイベント

4月2日(日)16:00〜18:00
「日本画に就て」
日本画を考える会・景聴園として、メンバーそれぞれが思い描く日本画の拠り所についてトークします。

◆座談会

4月6日(木)16:00〜18:00
「絵描きとして生きる
」 現役芸術大学生を対象にした座談会です。
卒業後の作家としての生き方を景聴園メンバーと語らいましょう。
(一般参加者大歓迎です)

景聴園(けいちょうえん)は、京都市立芸術大学で学んだ日本画グループです。五者五様の日本画との関わりを継いでいくことで、「日本画とは何か」という問いへのアプローチを試みます。

リンク

景聴園HP

VIDEO PARTY × EZO FILM 2017

new

京都と北海道の映像作家が集まった!


京都で行われているKYOTO VIDEO PARTYと北海道で活動しているEZO FILMの交換上映会!
札幌(第二マルバ会館)と京都(Lumen gallery)の2会場で上映します。
学生作品から映像作家の作品まで、ショートフィルム、実験映画、劇映画、アニメーションなど、なんでもありの上映会。乞うご期待!
札幌会場は第二マルバ会館にて2017年2月17(金)〜18(土)に開催します。今回札幌から作家も多数来場されます。

会期

2017年3月3日(金)〜3月4日(土)


上映時間

時間3日(金)時間4日(土)
17:30開場16:30開場
18:00EZO FILM17:00VIDEO PARTY
--18:30作家トーク
19:30VIDEO PARTY19:00EZO FILM

料金

各プログラム 1,000円


映画「あったまら銭湯」京都上映会

new

淡路島出身俳優・笹野高史主演&ALL淡路島ロケ映画の上映会


淡路島にある小さな銭湯「扇湯」。
銭湯の番台・前田は4世代にも渡り、島の人々の様々な人間関係を見守ってきた。
常連客のひとり、佐々木正信(67)は、高校生の時、ある女の子がきっかけで銭湯に行くようになり、50年たった今も通い続けている・・・
2代目番台の前田は、佐々木正信の高校時代を見つめ、4代目番台の前田は、67歳になった佐々木正信を見つめる。
これは、銭湯で繰り広げられる不器用な男の恋物語である。

会期

2017年1月20日(金)〜1月22日(日)


上映時間

時間20日(金)21日(土)22日(日)
13:00-
15:00-
17:00-
19:00

料金

1,000円※当日券のみ


公式HP

Lumen Cinematheque Vol.008 黒坂圭太全仕事

Kurosaka

アニメーションの奇才による新作を含む全作品と素材を展示!


還暦祝いに(?)全作品を上映していただける事となりました。僕にとって京都といえば今から30年前、映像を学びたくて松本俊夫先生に押しかけ入門した「ゆかりの場所」なので最高に嬉しい。ルーメンさん有難う!でも回顧展じゃなく「イマ」を観ていただきたいから新作と格闘してます。「クソジジイの悪あがきショー」を見に来てくださいませ!!
《黒坂圭太》

会期

2016年12月13日(火)〜12月18日(日)

上映時間

時間13日(火)14日(水)15日(木)16日(金)17日(土)18日(日)
13:30----Bゲスト対談
15:00FDEAEC
17:00CEFBAD
19:00ABCDトークF


料金

一般1プロ券 ¥1000 / 学生1プロ券 ¥900
一般3プロ券 ¥2500 / 学生3プロ券 ¥2200
一般フリー券 ¥4000 / 学生フリー券 ¥3500
※ギャラリートーク・作家対談は入場無料です。


同時開催

アーティスト黒坂圭太のすべて!! galleryMain


最新作発表!! 「山川景子は振り向かない」(HD/B&W/2016) *ループ上映版

映像作品関連資料展示!
・撮影素材・絵コンテ・イメージボード・絵画・イラスト・ドローイング etc.

参考ループ上映
『変育芸作品第1 番』の原型になった「VARIATION」 ほか、ライヴペイントの記録など9本の資料映像を特別公開!

会期

12月13日(火)〜18日(日)13:00〜20:00

料金

入場無料

第二回 京都府肖像写真技能士会写真展

syozo

翔貌〜京のアーティスト〜翔想〜京のアート


京都府肖像写真技能士会は京都で活躍されている人々を題材に写真展「翔貌」を毎年企画・開催しております。今年の第2回展は、古来より京都の文化を牽引してきた芸術に携わっていらっしゃる方々をテーマにしました。
日々創作活動をされている芸術家の方々に今回は創作の対象となって頂き、スタジオポートレイトやロケーションポートレイト、カラー写真そしてモノクロ写真など多様な型で、内に秘めたる思念や情熱の表現に挑戦しました。
また特別企画として、写真展会場に隣接するギャラリーで「翔想」と題し、モチーフとなっていただいた芸術家の方々の作品展を同時開催いたします。様々な作品と肖像写真を相互に鑑賞していただき、芸術家の人間力を多重により深く感じていただければと思っております。

会長 菊谷泰博

会期

2016年12月6日(火)〜12月11日(日)

会場

翔貌/Lumen gallery
翔想/galleryMain


料金

入場無料

相内啓司 映像&インスタレーション作品展

kino

アニメーション映像作家・美術家/相内啓司が、約40年の作家人生を俯瞰させる渾身の未来志向レトロスペクティヴ!!


イメージへの回帰 (映像作品上映)

私たちが世界に投げかける〈眼差しの欲望〉はけっして〈私〉という存在意識を保証するものではない。その〈眼差し〉は私たちがある文化圏に産み落とされた瞬間から、すでに、あるいはそれ以前から他者の欲望に貫かれている。そうした他者の欲望とは何かを〈眼差しの欲望〉という視点から問い直すのが、ヴィデオアートの一つのあり方だ。私自身もそのようなスタンスで作品を作り続けてきた。

会期

2016年11月24日(木)〜12月04日(日)

12/04(日)の波多野哲朗氏との対談は¥600/作家トークは無料
※11/28.29は、上映は有りません。

上映時間

時間24日(木)25日(金)26日(土)27日(日)30日(水)1日(木)2日(金)3日(土)4日(日)
13:00-ECD--CAE
15:00-作家トーク-作家トーク---作家トークゲスト対談
15:40EABEEBEEB
18:30ADEAADADC


料金

【一般】1プロ券¥1,000/3プロ券¥2,500/全プロフリー券¥3,500
【学生】1プロ券¥500/3プロ券¥1,200/全プロフリー券¥2,000


重力の光景 (インスタレーション)

「重力の光景」は、世界中のアーティストから送られたそれぞれの地点の石を、特製の金属タワーに納め懸垂させて、世界の重力点を、北緯 : 34.59.49.681、東経 : 135.45.55.374に集中させ、重力の視覚化を図った作品です。

会期

2016年11月24日(木)〜12月04日(日)
連日13:00〜20:00
インスタレーション展示は期間中無休です。

料金

入場無料

KINO VISION 2016(旧「京都メディアアート週間)

kino

国内の様々な映像作品をセレクト上映!


2年前まで『京都メディアアート週間』の名称で行ってきたイベントですが、昨年より会場もLumen galleryに変わり、主催もKINO-VISION単独で企画運営することになり、昨年に引き続きイベント名も『KINO-VISION 2016』で開催します。
プログラムは、例年の日本映像学会・映像表現研究会が主催する<インターリンク=学生映像作品展(ISMIE2016)>(参加19校)とICAF実行委員会等が主催する<インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF2016)>(参加28校)から選抜された学生映像作品(多様な短編作品・アニメーション作品)を上映します。それぞれ日本国内の映像制作を行う大学(大学院を含む)・短大・専門学校の教員推薦による優秀作品集です。また<VIDEO PARTY 2016セレクション>は、短編映像作品の一般公募(主に若手映像作家や学生)によるプログラムからの選抜作品集です。

会期

2016年11月18日(金)~20日(日)


11月18日(金)
16時30分~:Video Party 2016「セレクション」
18時30分~:ICAF2016「実行委員会セレクション(京都版)」

11月19日(土)
14時30分~:(A) ICAF2016「各校選抜プログラムA」
16時~:ICAF2016「各校選抜プログラムB」+トーク
18時~:Video Party 2016「セレクション」

11月20日(日)
14時30分~:ISMIE2016「各校代表作品プログラムⅠ」
16時~:ISMIE2016「各校代表作品プログラムⅡ」+トーク
18時~:ICAF2016「実行委員会セレクション(京都版)」

料金

入塲無料

主催

KINO-VISION

共催

日本映像学会映像表現研究会、ICAF実行委員会+日本アニメーション学会&アニメ-ション協会

協力

京都精華大学芸術学部映像コース、VIDEO PARTY

リンク

KINO VISION
VIDEO PARTY


第2回「サヴァイヴァル 8」

sv8

2回目の開催となる8ミリフィルム作品上映会


8ミリで生き抜く!
誰が宣告したわけでもないのですが、8ミリフィルムは終わったと一般には思われているようです。
一昨年(2014年)、福岡のフィルム・メーカーズ・フィールド主催の上映会「GoodByLAB」に接続し、発展させようと、「サヴァイヴァル 8」を開催しました。この時、15名の作家の出品をみました。
今回、第2回の「サヴァイヴァル 8」開催に際して、主催者からの呼びかけを前回より広範囲に行い、ヴェテランから若手まで合わせて22名の作家の参加となりました。
絶望的な逆境にもかかわらず、8ミリフィルムによる制作活動は存続しています。そこには何か本質的なものが潜んでいるように思います。作品制作とは機材や材料に依拠したものではないと言う認識もそうでしょう。それも含め、「8ミリで生き抜く!」という覚悟は、表現一般とは何かを改めて確認することにつながっていくと信じています。

「サヴァイヴァル 8」主催
メタ・フィルム・マーヴェラス/MFM(Meta Film Marvelous)(森下明彦)
フィルム・メーカーズ・フィールド/FMF(Film Makers Field)(宮田靖子)

会期

2016年11月11日(金)~13日(日)


11月11日(金)
19時~:第1部
20時30分~:第2部

11月12日(土)
17時~:第1部
18時30分~:第2部
20時~:交流会

11月13日(日)
15時~:みんなで話そう
17時~:第1部
18時30分~:第2部

料金

¥1,000(第1部+第2部/当日券のみ)
     *「みんなで話そう」は入塲無料!

お問合せ

info@lumen-gallery.com

主催:
メタ・フィルム・マーヴェラス/MFM(Meta Film Marvelous)
フィルム・メーカーズ・フィールド/FMF(Film Makers Field)
共催:
ルーメン・ギャラリー/Lumen gallery


『何番目かの空白』室千草個展 映像インスタレーション

muro

国内外で映像インスタレーション作品を多数発表している室千草の新作個展


今回発表する新作映像インスタレーション作品『何番目かの空白』は、本をパラパラとめくった時、一枚だけ真っ白なページがあったという出来事から作品の構想がうまれ、人の記憶の層、風景の層、その層と層の間にあるちょっとした隙間に、なにかしらの空白や暗闇が存在していたらという心象風景を、映像化しインスタレーション作品として展示します。

会期

2016年11月1日(火)〜6日(日)


時間

13:00〜19:30


料金

¥500(作品パンフレット付き)

JAPANESE ART ANIMATION COLLECTION VOL.001

JAAC001

日本を代表するアートアニメーション作家の作品を10作家11作品上映


ロシアのアニメーションの巨匠、ユーリー・ノルシュテイン氏が来日され、京都でスタジオジブリの映画監督高畑勲氏と対談されるのを記念して、Lumen galleryでも日本のアートアニメーションの特集上映を行ないます。すでに当ギャラリーでも個展上映された、水江未来氏、伊藤高志氏や今後個展予定の相内啓司氏、黒坂圭太氏、相原信洋氏をはじめ、日本を代表する錚々たるメンバーの上映展となりました。
ぜひお見逃し無く!


会期

2016年10月28日(金)〜30日(日)


上映時間

28日(金)19:00
29日(土)17:00 / 19:00
30日(日)17:00 / 19:00


料金

1000円

the Grand Prize Winners of ShaShin Book Award in Paris

Paris

パリの写真集コンペティショングランプリ受賞者作品展 -京都巡回展-


「the Grand Prize Winners of ShaShin Book Award in Paris~ パリの写真集コンペティションのグランプリ受賞者作品展 ~」の京都巡回展と して、田中ヒロ / ミーヨン / 藤安淳の作品を展示いたします。
主催は galleryMain、企画は(株)インターアート 7 が行い、展示会場は Lumen gallery(galleryMain と同施設内の隣接ギャラリー)となります。 今展は、2014 年にパリで開催された日本の写真集のコンテスト「ShaShin Book Award 2014」におきまして、141 冊の応募の中より審査 員の満場一致で最優秀作品 としてグランプリに選出された田中ヒロ、ミーヨン、藤安淳、の 3 名による写真展となります。


artists

田中ヒロ / ミーヨン / 藤安淳


会期

2016年10/18(火)〜10/23(日)

開廊時間

13:00~19:30


アーティストトーク

10/22(土) 18:00-19:00 ナビゲーター:galleryMain 中澤有基
※入場無料、どなたでもご参加頂けます。

企画

(株)インターアート7

主催

galleryMain

会場

Lumen gallery

秋のドラゴン映画祭

Dragon

自主制作映画の映画祭、多彩な14作品を上映


会期

2016年10月14日(金)〜16日(日)


開場時間

14日(金)14:30開場
15日(土)14:00開場
16日(日)13:50開場
各日の開場時間が異なりますのでご注意ください。


料金

前売り1500円
当日2000円(各日とも)※小中学生(連れの保護者)は250円

井上茜展「萌芽」

inoue

芽吹きの便りとドローイング展


地元に戻り三年が経ちました。子供の頃から変わらない土地の匂いは今でも新鮮です。特に春は芽吹き何か予感させます。「萌芽」をテーマにした新作と去年から続けているドローイング作品を展示します。


会期

2016年10月4日(火)~10月9日(日)


開廊時間

13:30〜19:30(最終日18時まで)

星野高志郎百過事展ー記録と記憶ー

hoshino

作家生活50年をふり返る大回顧展


私は高校から美術を学び、70年代に作家活動を始めてからほぼ、50年が経ちました。
退職後3年、映像と写真中心の新しいギャラリーでの発表の機会を得ました。皆様の知らない私の制作とそれにまつわる生活や性格を様々な角度から検証してみたいと考えて展示計画を考えました。どういう事になるか最後まで、私にもわかりません。会期中、9月23日に73歳の誕生日を迎えます。お祝いに来てください!


会期

2016年9月13日(火)~9月25日(日)


開廊時間

11:00〜20:00

EXHIBITION OF PHOTOGRAPHS『BLUES & CIGARETTE』by Koichi “Manpei”Uchida

uchida

フォトグラファー打田浩一がおくるふたつの珠玉写真展


数々のブルースミュージシャンやライヴの様子と、メンフィスからニューオーリンズまでのミシシッピ河岸の風景を撮りためた『BLUES』をgalleryMainで、 灰皿を中心に何気ない日常を独自の視点で切り取った『CIGARETTE』をLumen galleryで、連結開催します。


会期

2016年8月30日(火)~9月11日(日) ※月曜休廊


開廊時間

13:00〜19:30

Art Sort Boot 2016

asobo

Lumen + Main の共同公募企画


昨年に引き続き、有隣文化会館2F、映像専門ギャラリー“Lumen gallery”と、お隣の写真専門ギャラリー“galleryMain”が送る、年1回の共同公募企画、『Art Sort Boot 2016』が、今年も開催されます。


会期

2016年8月23日(火)~28日(日)



開廊時間

13:00〜20:00

出品締切

8月19日(金)まで
 ◎ギャラリーメインのHPから、エントリーしてください。



Secret Garden

yasukawa

安川真貴インスタレーション展


会期

2016年8月2日(火)~7日(日)



開廊時間

13:00〜19:30





おんさ写真部門

onsa

協同企画展 ONSA vol.9


会期

2016年7月20日(水)~24日(日)



開廊時間

13:00〜19:30

「おんさ展」は関西の複数のギャラリーが 一年に一度、協同で開催している多人数参加の公募展です。
今年で9回目の開催となります。集まった作品を「平面」「立体」「写真」「映像」「音」「言葉」のジャンルに分け、 7月13日~8月14日の期間に7つの会場で展示をいたします。

おんさwebサイト





VIDEO PARTY 2016

kussin

個人映像87作品を一挙上映の3日間


会期

2016年7月16日(土)~18日(月)

上映時間

16日 14:00(P1) 16:30(P2) 19:00(P3)
17日 14:00(P4) 16:30(P1) 19:00(P2)
18日 16:30(P3) 19:00(P4)
※各上映終了後に出品者のトークがあります。

入場料

一回券:一般1000円 学生500円
四回券:一般2500円、学生1200円

リンク

VP2016

主催:PERSONAL EYES + AF + Lumen gallery
協力:第32回NHK大学放送コンテスト実行委員会・新視角・株式会社電気蜻蛉・ファインダーズビューロ・光束舎・映像教育研究会

日韓映像プロジェクト展《 ECHOGRAPHY 》

ECHOGRAPHY

Lumen gallery / HRD FINE ART 合同展覧会開催


会期

2016年6月28日(火)~7月3日(日)

開廊時間

13時00分〜 19時30分
※Lumen galleryとHRDファインアートで開廊時間が異なりますのでご注意ください

入場料

無料

出品作家

アン・コンヒョン、ジョン・ジイン、岡松トモキ

オープニングレセプション: 6月28日(火)19:00~ Lumen galleryにて

リンク

HRD FINE ART

屈伸個展「像」由心生 

kussin

デジタル肖像画展


会期

2016年6月14日(火)〜26日(日)
※月曜休廊

開廊時間

13時00分〜 19時30分

入場料

無料


Animation Banquet

banquet

アニメの宴、やります。
呑んで、語らえる京都の自主制作アニメーション上映会!第三弾!!


会期

2016年6月11日(土)〜12日(日)

上映時間

6/11(土)
・11時00分〜16時00分 ループ上映
・17時00分~ 宴前上映 (16時30分 開場)
・18時30分~ 宴会開始 (21時00分 閉店)

6/12(日)
・11時00分〜15時00分 ループ上映
・16時00分~ 宴前上映 (15時30分 開場)
・17時30分~ 宴会開始 (20時00分 閉店)

料金

入場料 ¥1,000(1ドリンク付 , ループ上映中は、入退場自由)
宴会参加 ¥2,000(お楽しみの肴付)

※宴会(交流会)参加希望の方は、公式サイトの お問合せフォームからご予約下さい。

大力&三浦 映像個展

dairikimiura

イメージフォーラムフェスティバルでもお馴染みの、超不思議映像作家ユニット、大力&三浦が、満を持しての全作個展。 その特異な空間演出と絶妙な「間」のマジックに酔い痴れてください。


会期

2016年5月31日(火)〜 6月5日(日)

上映時間

5/31(火) ・19時00分〜 Aプロ
6/01(水) ・19時00分〜 Bプロ
6/02(木) ・19時00分〜 Cプロ
6/03(金) ・19時00分〜 Dプロ
6/04(土) ・14時00分〜 Eプロ + 作家トーク ・16時30分〜 Aプロ ・19時00分〜 Bプロ
6/05(日) ・14時00分〜 Cプロ ・16時30分〜 Dプロ ・19時00分〜 Eプロ + 打ち上げトーク

料金

1プロ券=¥1,000
フリー券=¥3,000
特別フリー券=¥5,000(サウンドトラックCD2枚・ポスター・カード付)

小林久人写真展「collections」

kobayashi

KG+月間に呼応したlumen gallery & galleryMain ×6人の写真家たち


会期

2016年5月17日(火)〜5月22日(日)

時間

13:00〜19:30

RELAXMAX 写真展「星船」

uyama

KG+月間に呼応したlumen gallery & galleryMain ×6人の写真家たち


会期

2016年5月10日(火)〜5月15日(日)

時間

13:00〜19:30

安井ももよ写真展「Poland Podróż」

yasui

KG+月間に呼応したlumen gallery & galleryMain ×6人の写真家たち


会期

2016年4月26日(火)〜5月8日(日)

時間

13:00〜19:30

河瀬直美映像個展

kawase

河瀨直美 関西初個展! 8mm/16mm/VTR 10プログラム全25作品ラインナップ!!


会期

2016年4月4日(月)〜19日(火)

上映

4日(月)18:30 (A)
5日(火)18:30 (B)
6日(水)18:30 (C)
7日(木)18:30 (D)
8日(金)18:30 (E)
9日(土)13:30 (F) 15:30 (G) 18:30 (H)
10日(日)13:30 (I) 15:30 (トーク) 18:30 (J)
11日(月)18:30 (F)
12日(火)18:30 (G)
13日(水)18:30 (H)
14日(木)18:30 (I)
15日(金)18:30 (J)
16日(土)13:30 (B) 15:30 (C) 18:30 (A)
17日(日)13:30 (D) 15:30 (E)

入場料

1プログラム ¥1,000 / 3プログラム ¥2,500 / 全プロフリー券 ¥6,000
10日のトークは無料です。

主催・お問い合わせ

info@lumen-gallery.com

限定同時開催

LESLIE KEE 写真展『SUPER NAOMI KAWASE』

Do you know MOKYU?

mokyu

「モック」+「ドキュメンタリー」=モキュメンタリー


会期

2016年3月26日(土)

時間

13:00 開場
13:30 開演挨拶
13:45 子宮で映画を撮る女
休憩
14:20 abduction
休憩
15:15 孟井卓俊× 林拓海トークショー
15:50 ノロイ
18:05 終演挨拶
18:30 終了

料金

1000円

予約

氏名(ふりがな)、人数をご記入のうえ下記のアドレスまでお願いします。
dykmockumentary@gmail.com

わかみほ映像祭

wakamiho

女優・モデル・マルチパフォーマー、若林美保の映像作品3作、京都初上映!


会期

2016年3月25日(金)

時間

14:30 open
15:00 『騒音寺MV躍動炸裂』
15:10 『TROUBLE HAIR』
15:30 『贋作・一条さゆり』
16:30 トーク
17:00 『騒音寺MV躍動炸裂』
17:10 『TROUBLE HAIR』
17:30 『贋作・一条さゆり』
18:30トーク
19:00 『騒音寺MV躍動炸裂』
19:10 『TROUBLE HAIR』
19:30 『贋作・一条さゆり』
20:30 トーク
入れ替えなし

料金

前売2000円
当日2500円

予約

わかみほ映像祭プロジェクト
tarepan@msh.biglobe.ne.jp

未来電影日ー台湾映像展

taiwan

台湾の映画祭よりオールジャンルの最新映像を一挙上映


会期

2016年3月15日(火)〜3月20日(日)

上映時間

15日(火)19:00 (A)
16日(水)19:00 (B)
17日(木)19:00 (C)
18日(金)19:00 (D)
19日(土)15:00 (A) 17:00 (B) 19:00 (E)
20日(日)14:00 (D) 16:00 (E) 18:00 (C)

料金

フリー券: 一般¥3,000 学生¥1,500
1回券:  一般¥800 学生¥500
3回券:  一般¥2,000 学生¥1,200


faacebookイベントページ

流れる時間留まる時間 -東遼太 宮城幸佑二人展-

higashi

映像と絵画の二人展


会期

2016年3月4日(金)〜3月13日(日)

時間

12:00〜19:00

入場無料

レセプション

3月5日(土)18:00〜19:00 (立食形式)

ギャラリートーク

3月12日18:00〜(交流会あり)

展覧会HP

武田湖斗 写真・映像展『愛のような、まぶしい』

nakajima


会期

2016年2月23日(火)〜2月28日(日)


会場

galleryMain/Lumen gallery

入場無料

中島 崇 映像個展

nakajima

イメージフォーラムの設立スタッフとして日本実験映画の発展に尽力した中島氏の40年にわたる作品


映像作品上映期間

2016年2月3日(水)〜2月7日(日)


上映時間

3日(水) 17:30 (D) 19:00 (A)
4日(木) 17:30 (D) 19:00 (B)
5日(金) 17:30 (D) 19:00 (C)
6日(土) 15:00 (B) 16:30 (C) 17:45(talk) 19:00 (A)
7日(日) 15:00 (C) 16:30 (A) 17:45(talk) 19:00 (B)


料金

1プロ・¥1,000
2プロ・¥1,800
3プロ・¥2,500


インスタレーション作品「訪問者」展示期間

2016年2月2日(火)〜7日(日)


開廊時間

13:00〜19:30 於・galleryMain

入場無料

”ジャケットの時代” 信藤三雄講演会

shindo

アート・ディレクターの信藤三雄氏の講演会


フリッパーズ・ギターはじめ、オリジナル・ラブやコーネリアス、ユーミンにSMAPまで、CDジャケットをひとつの表現として認知させたアート・ディレクターの信藤三雄さんを京都に迎え、90年代CDジャケット制作の中で何を目指し、どのように取り組まれてきたか、お話伺います。特にフリッパーズ・ギター界隈についてしっかり聞きますので、この貴重な機会をお見逃しなく!


日時

1月30日(土)18:00~19:30(第2部交流会予定あり)


参加費

2000円(1D付)


お申し込み方法

FBにて参加表明またはmistral6996@gmail.comに人数、メールアドレスをお伝えください。


facebookイベントページ

ソサンヨン作品展『ロンブルとルミエール』

so

映像と影を使ったインスタレーション作品


会期: 2015年12月19日(土)〜12月27日(日)
時間:13:00〜19:30

入場無料

2014年に制作したオブジェを発展させたインスタレーションと、球体関節人形の展示を行います。

『浸透圧』

hazama

狭間要一 超実用漆器展


会期: 2015年12月8日(火)〜12月13日(日) 時間:13:30〜19:30

オープニングパフォーマンス『浸透圧』〜闇 光 漆黒の柔らかな水溜り〜
12月8日(火)19時30分開場 20時開始
前売予約:1000円
当日:1200円
※野村香子と瀧口翔によるダンスと音楽による即興パフォーマンス!
◉予約受付hazama.urushi@gmail.comまで。
氏名・予約枚数・電話番号を添え、件名/12月8日浸透圧オープニングパフォーマンス予約と明記の上、メールをお願いします。
Facebook イベントページ

井上茜展「糸 白 水」

inoue

トレーシングペーパーに描かれた光の刺繍


会期:2015年12月1日(火)〜6日(日)
時間:13時〜19時30分(最終日 18時)

リンク:井上 茜 HP





KINO-VISION 2015(旧称・京都メディアアート週間)

kinovision

国内の様々な映像作品をセレクト上映!


会期:2015年11月27日(金)〜29日(日)
入場無料

主催:KINO-VISION
共催:日本映像学会映像表現研究会、ICAF実行委員会+日本アニメーション学会&アニメ-ション協会
協力:京都精華大学芸術学部映像コース、VIDEO PARTY

上映時間
27日(金) 16:30 (A) 18:30 (B)
28日(土) 14:30 (A) 16:30 (B +talk) 18:30 (E)
29日(日) 14:00 (E) 16:00 (C +talk) 18:00 (D)

パンダの尻尾は何色なのか?展


panda

京都精華大学芸術学部映像コース有志による映像写真展


会期:2015年11月20日(金)〜22日(日)
時間:
20日(金)16時~21時
21日(土)13時~21時
22日(日)13時~19時

映像作品上映時間:
20日:17時、18時、19時、20時
21日:14時、15時、16時、17時、18時、19時、20時
22日:14時、15時、16時、17時、18時

入場料:300円

伊藤高志映像個展
ito_takashi
日本を代表する実験映像作家 伊藤高志の23作品一挙上映!

会期:2015年10月29日(木)〜11月1日(日)
上映時間:

10月29日(木)18:30 Aプロ
10月30日(金)18:30 Bプロ
10月31日(土)15:00 Bプロ 18:30 Aプロ(17時より作家トークあり)
11月1日(日)15:00 Aプロ 18:30 Bプロ(17時より作家トークあり)

連日終映後、1階カフェ「すずなり」にて作家を囲んだ懇親会を予定しています。(カンパ制)

入場料:1プログラム1000円、2プログラム1600円

同時開催「伊藤高志/撮影素材・機材展」開催決定!!

会期中、隣りのGalleryMainで、伊藤高志さんの映像が作られる過程が分かる撮影素材と機材を伊藤氏のご好意により展示します。
展示時間は、10月29日〜11月01日の各日13時〜19時。
上映の合間に是非ご覧ください。
Animation Banquet vol.002
Animation banquet vol.2
呑んで、語らう自主制作アニメの上映会第2弾

会期:2015年10月10日(土)〜11日(日)
時間:
10月10日(土)18:00~上映(17時30分 開場)
10月11日(日)16:00~上映(15時30分 開場)

入場料:
【上映+宴会参加】2,500円(1drink+軽食付, 学生500円割引)
【上映のみ】1,000円(1drink付)

袴田浩之映像個展
hakamada
浜松「シネマヴァリエテ」の中心メンバー・袴田浩之の個展

会期:2015年10月2日(木)〜4日(日)
時間:(各回で内容が異なります)
10月2日(金) 19時
10月3日(土) 16時 ・ 19時
10月4日(日) 15時 ・ 18時

入場料:一般1000円 学生800円(当日のみ)


澳門當下未來影展 京都上映
澳門當下未來影展
マカオ當下未來影展のセレクト作品を上映!

会期:2015年9月19日(土)
時間:18時(開場17:30)
料金:日本・台湾・澳門の個人制作映像交流の今後へつなぐ、特別公開無料試写です。
主催:未来電影日+VIDEO PARTY KYOTO





かわなかのぶひろ上映展
kawanaka
ルーメン・シネマテーク始動!!
日本の実験映画の草分け的存在かわなかのぶひろ個展

会期:2015年9月11日(金)〜13日(日)
開廊:
 【Aプログラム】9月11日(金) 19時〜
 【Bプログラム】9月12日(土) 16時〜
 【Cプログラム】9月12日(土) 19時〜
 【Dプログラム】9月13日(日) 15時〜
 【Eプログラム】9月13日(日) 18時〜

入場料:一般1000円(当日のみ)
主催:Lumen gallery

LEADY
LEADY
LEADY第3弾‼︎京都精華大学映像コースの在校生・卒業生の女子による有志上映会!

会期:2015年9月1日(火)〜6日(日)
上映時間:
9月1日(火)〜5日(土)
プログラム1 11:00~11:50 13:30~14:20 16:00~16:50 18:30~19:20
プログラム2 12:00~12:50 14:30~15:20 17:00~17:50 19:30~20:20
9月6日(日)
プログラム1 11:00~11:50 13:00~13:50 15:00~15:50
プログラム2 12:00~12:50 14:00~14:50 16:00~16:50

入場料:一般500円 学生300円
初日の9月1日17時よりオープニングパーティーをおこないます。

Art Sort Boot 2015
Art Sort Boot
galleryMainと合同企画の公募グループ展!

会期:2015年8月24日(火)〜30日(日)
時間:13時~19時30分


8月29日18時より出品作家交流会をおこないます。

入場料:無料

ご応募はこちら

VIDEO PARTY KYOTO 2015
VIDEO PARTY
今回で3回目となる個人映像38作品の上映展!

会期:2015年8月1日(土)〜2日(日)
時間:18時上映(17:30開場)

上映作品・スケジュールについてはこちらをご覧下さい。
入場料:一般1,000円 学生500円






『何かを何かのためにしておくために』玉利萌々子・中村朱里 作品上映会
Tamari Nakamura
二人の作家の多様な映像作品を上映!

会期:2015年7月28日(火)〜30日(木)
時間:17:30 19:30 2回上映

入場料:¥500
下記のURL(どちらでもかまいません)にアクセスし、当日指定の記事をスタッフにお見せ頂くと本来なら500円のチケット代を100円引きにさせて頂きます。
玉利萌々子 【SLEEPER】
中村朱里 【ahco1994】


原神 玲 映像作品展 / rei harakami Image Works
harakami
音楽家レイハラカミが89年〜95年に制作した映像全10作品を上映!

会期:2015年7月21日(火)〜26日(日)
開廊:13時〜21時(上映時間以外は展示をしています)

上映時間(各回定員50名)
21日〜24日19時より
25日(土)16時と19時の2回上映
26日(日)15時と18時の2回上映
上映入場料:1,000円 予約を受け付けています。こちらからお申し込みください。
ANIMETION BANQUET
BANQUET
呑んで、語らう自主制作アニメの上映会

会期:2015年7月11日(土)〜12日(日)
時間:11日 18:00(17:30開場)12日 16:00(15:30開場)

7/12(日)のみカサスリム&トモダマコト(ブルースハープ)のミニライヴがあります。
入場料;¥1,000(1ドリンク付き)




オガサワラ ミチ展 "tone"
TONE
会期:2015年6月19日(金)〜28日(日)
時間:13時〜20時

6.19 opening
Open 19:00 Start 19:30
入場料 :¥1,000(くじ付き)+ drink ¥300 (飲み放題)
電子音楽 × 絵 Masahiko Takeda × Michi Ogasawara (電子音楽家と画家の実験的ライブセッション)


6.28 closing
入場無料
OHP ライブドローイング DJ : Masahiko Takeda


〜おいしいさくひんめしあがれ〜 もぐもぐシアター cooked by seika eizo
mogumogu
会期:2015年6月9日(火)
時間:17:30 開場 18:00 開演  20:00 終了

入場料;入場無料  ( カンパ制 )
フード:みんなでたべれるものを1品、お持ち寄りください
出展者:會田萌 柏木昌生 くらたてさえ 栗原緑 榑松夏美 ササキマイコ
軸屋尚子 ナカムラリナ 清水萌子 林菜摘 すわみずほ 田中大樹
筒居郁也 早川輝 杉山潤一郎 廣瀬衣美 藤原美里 まろちゃん

MIRAI EXPO
アニメーション作家・水江未来の宇宙 2001年と2015年とこれから
MIRAI EXPO
会期:2015年5月1日(金)〜6日(水)
時間:13時〜20時(最終日は18:30まで)

作品上映:15時〜16時 19時〜20時(最終日は17時〜18時のみ)
トークイベント:3日・4日/18:30〜、6日/16:30〜
ライブペインティング:3日・4日/16:00〜

スペシャル対談:5日/17:00〜 水江未来x大野松雄
(最新作「RETRO FUTURE」の音響デザイナー・大野松雄氏との対談です)

★映像上映時間外は原画展示、モニターによる展示上映、各種グッズなどご自由にご覧ください。

展示は入場無料、作品上映は1000円(学生500円)の入場料が必要です。

上映作品
01/ JAM
02/ PLAYGROUND
03/ TATAMP
04/ AND AND
05/ MODERN No.2
06/ SCOPE
07/ QUAILS
08/ WONDER
09/ Anniversary
10/ POKER
11/ TENSAI BANPAKU
12/ RETRO FUTURE

copyright by 光束舎 2018 last update 2018/01/15