lumentop
展覧会情報

ルーメンシネマテーク Vol.009「山崎幹夫映画個展」

yamazaki

劇場公開の長編劇映画から、3分の実験映画まで、メディアを問わない縦横無尽な稀代の映画作家・山崎幹夫がおくる渾身の18作品!!

作者コメント

80年代の末あたりから、ヴォワイアン・シネマテークやシネマ・ルネッサンスの主宰によって、グループ展あるいは個展でたびたび私の作品を上映していただいて来ました。今回上映する『猫夜』の後半に、Jazz in ろくでなしでの上映の様子や、京都出身の漫画家、湊谷夢吉さんの追悼上映の情宣の様子を見ることができます。つくって来た映画/映像作品の数は100に達しました。商業映画である『プ』を除いて、そのほとんどは自主製作です。


会期

2018年10月16日(火)〜21日(日)


料金

1プロ券/一般¥1,000 学生¥700
3プロ券/一般¥2,500 学生¥1,500
フリー券/一般¥4,000 学生¥2,000
※ギャラリートークは入場無料です。


タイムテーブル

10/16(火)10/17(水)10/18(木)10/19(金)10/20(土)10/21(日)
13:30 B (75min)F (81min)
15:30 C (80min)G (82min)
17:30 A (76min)F (81min)G (82min)A (76min)D (80min)E (89min)
19:30 B (75min)C (80min)D (80min)E (89min)Talk

近日開催

東京映像旅団 第一回 京都上映会

TEB

東京映像旅団—関西初上陸!

東京映像旅団は、日本大学芸術学部映画学科映像コース(現 映像表現・理論コース)の卒業生を中心とした上映団体です。メンバーの年齢は20〜40代、職業は映像ディレクターやエディター、アニメーター、大学教員など様々。メンバーはそれぞれ、独自のテーマを継続し、スタイルやシステムを深化させながら「一人一派」(©松本俊夫)の映像作品を作りつづけています。
2005年に最初の上映会を行ってから、場所を移しつつ、これまで11回の新作上映会を東京で開催してきました。上映会のために制作された作品は、イメージフォーラム・フェスティバルやオーバーハウゼン国際短編映画祭など、国内外の映画祭にセレクトされ、上映されています。
今回はじめて、10人のメンバーで上映会を東京から持ち出すことにしました。各作家の過去作品を2〜3作連続して上映し、プログラムごとに作家によるトークを予定しています。作品を通して知り合うみなさんと、対話できることを楽しみにしています。


会期

2018年10月27日(土)〜28日(日)


料金

1回券 1,000円 (学生 500円)
4回券 2,500円 (学生 1,500円)


東京映像旅団 Tokyo Eizo Brig.
▼HP http://tokyoeizobrig.wix.com/toppage
▼Facebook http://www.facebook.com/TokyoEizoBrig
▼Twitter http://twitter.com/tokyoeizobrig


タイムテーブル

10/27(土)10/28(日)
13:00〜14:30 AD
14:45〜16:15 BC
16:30〜18:00 CB
18:15〜19:45 DA

※各プログラムは、上映約60分+トークの予定です。

copyright by 光束舎 2018 last update 2018/09/24