lumentop
展覧会情報
近日開催

翔貌~京の音楽家

syouzou

京都府肖像写真技能士会 第4回写真展

京都府肖像写真技能士会は国家検定を取得した技能士で構成しており、肖像写真の持つ力や素晴らしさを伝えたいと願い、京都で活躍されている人々をテーマにした写真展「翔貌」を毎年開催しております。
 今年の第四回展は現在京都を拠点に活躍されている、また京都にゆかりのある音楽家に焦点を当てました。日々音楽表現に情熱を注がれている方々に私どもの表現対象となっていただき、内なる思いや人生観の表現に挑みました。写真の中の音楽家の風貌からそれぞれの「人間力」や人となりを感じていただければ幸いです。
 また今回被写体になって頂いたフォークシンガーの古川豪さんとチェリストの石豊久さんがこの写真展のために、それぞれ12月4日と12月15日の夕刻にコンサートを開いて下さいます。肖像写真に囲まれた空間での音楽鑑賞も合わせてお楽しみ下さい。


会期

2018年12月4日(火)〜16日(日)


第四回「翔貌」記念コンサート

2018年12月04日(火)17 : 00~

古川 豪「市井の息づかいと自然の息吹を歌う」


2018年12月15日(土)17 : 00~

石 豊久「無伴奏チェロコンサート」


料金

入場無料


第40回ぴあフィルムフェスティバル in 京都

PFF KYOTO 2018

2018年のPFFアワード作品集!

今年で40回目となる、インディペンデント映画祭「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」の京都上映を開催します。
「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」は、“映画の新しい才能の発見と育成”をテーマに、1977年にスタートした映画祭です。
しかし、現在では、単なる映画祭の枠に留まらず、映画コンペティション「PFFアワード」を中心に、“新しい才能”を発見し、紹介し、育成していくなどの活動を行っています。
そして、その活動を通じ、日本映画の活性化を推進していく。それが、「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」なのです。
「ぴあフィルムフェスティバル in 京都」ではPFFアワード2018の入選作品18本を一挙上映します。
21日の上映後には北小路隆志さん(映画批評家)と22日のProgram4では鈴木卓爾さん(映画監督)をゲストにお招きしてのトークも開催します。


会期

2018年12月21日(金)〜23日(日)


料金

1プログラム 一般1,000円、学生500円


主催

Lumen gallery

協力

一般社団法人PFF

リンク

PFFアワード2018作品情報
PFFアワード予告編


タイムテーブル

12/21(金)Program1(19:00~)
+ゲストトーク
22(土)Program2(13:00~)Program3(15:30~)Program4(18:00~)
+ゲストトーク
23(日)Program5(13:00~)Program6(15:30~)Program7(18:00~)

ゲストトーク

21日:北小路隆志さん(映画批評家)
22日:出演:鈴木卓爾さん(映画監督)


The missing piece meets The Twins

kuroseroku

『顔のない男 〜The missing piece〜』と同時開催の写真&映像展

昨年末の『裏路地で唄へ / The Twins』から約一年経ちました。
今年は写真展とは少し趣を変えて12/24と25の二日間だけのクリスマスイベントとして昨年のgallery mainさんと同じ建物内のlumen galleryさんで写真と映像の個展を催します。

今回の個展作品は前回のようにツインズさんそのものを被写体にしたモノではなくて、僕の中に常に在る幻影(どことなく明るめのスナフキン的な)「顔の無い男」を「僕のカケラを探して」追いかけている、そんなイメージで撮りましたが、個人的に大好きなツインズと絡みたい想いが強く、ツインズの小竹親氏にモデルになって演じて貰った感じです。
スライドムービーとオマケのメイキングムービーにはその時の映像も使用しています。
また、映像にはそれ用にツインズの二人が作 / 演してくれた新録のギターインストルメンタルを数曲挿入させて頂いております。

加えて、ツインズのプロモーション動画(この為用に新録した音源)も撮らせて頂いており、そちらには3曲+1の楽曲が入る予定ですが、ツインズの新録も、演技を含んだ映像部分も併せて楽曲導入部分の謎の男の演技やナレーション(そのキャスティングも含めて)もお楽しみの物となっております。当日会場にて物販の予定。

椅子席は50席ほどあり、上映スペース以外の壁面に作品を展示し、館内と廊下に物販ブースとtaneさんの飲食ブース、Barスペースなど諸々企画中‼︎

クリスマスという多忙な時期だとは思いますが、どうぞ宜しく。
(クロセロク)


会期

2018年12月24日(月)/25日(火) Xmas2days


開館時間

13:00〜21:00(入場無料)


映像上映時刻

『The missing piece meets The Twins』
◉14:00〜14:30
◉17:00〜17:30
◉19:00〜19:30


飲食(有料)

滋賀県石山の名店Nippon Soul Food & music Bar "tane"さんが数種のお酒とアテを出店して下さります。

◇tane◇
滋賀県大津市栄町3-24
077-533-0635
JR東海道本線&京阪石山坂本線「石山駅」下車 徒歩約5分
https://www.facebook.com/Tane-393394004495987/


ライブ

「The Twins」アコースティックライヴ(TIP制)


24日/25日
◉14:30〜15:00
◉17:30〜18:00
◉19:30〜20:00


◇The Twins◇
正真正銘の双子のNippon Soulデュオ。
ギターを片手に星の数ほどの酒場で人生を歌う。
http://the-twins.net


再生の軌跡

kuroseroku

Digitalized Brainによせて

1995年1月17日、阪神•淡路大震災が起こった日に京都三条にあった立体ギャラリー射手座にて、ある展覧会が開催された。"Digitalized Brain"と名付けられた光田直美(みつだなおみ)による作品は、この大地震により倒壊してしまう。もう彼女に会えない状況の中、当時の友人らが彼女の原案プランを発掘、かたちを変えた再生計画を目論んだ。光田直美と京都精華大学の友人たちによるグループ展、24年前の作品は今いかにして再生できるのか、いかにしてコラボレーションできるのか?陶芸から日本画、映像まで、渾然一体のインスタレーション。

<参加作家>

國分麻衣子
小林桃子
白尾健二郎
竹村純子
長島清恵
林ケイタ
吉田眞理子


会期

2019年1月12日(土)~17日(火)


開館時間

11:00~20:00(最終日は17時まで)

入場無料


copyright by 光束舎 2018 last update 2018/09/24