lumentop
展覧会情報

小田香映像作品展
Movie Works Exhibiton by Kaori Oda

Oda

Lumen Cinematheque Vol.012

ハンガリーの巨匠タル・ベーラ監督が設立したアカデミーの第1期生であり唯一の日本人だった小田香は、恩師の魂を憑依させたかのように、静謐な語り口と透徹した視点を駆使して、その身体を誰も到達し得ない実在の場に置く事で、見る者に彼女の眼差しを憑依させてしまう。これはまさに奇跡だ。
〈Lumen gallery〉

京都ルーメン・ギャラリーで個展をしていただけることになりました。2012年から2019年の間に制作した様々な短編作品を上映していただきます。5分以下の作品群については自分でも管理ができておらず、今回は上映リストに入っていませんが、それら以外の全短編集となります。
最新作長編『セノーテ』〈75min./2019〉と同様、今回世界初公開をさせていただく『Night Cruise』(2019)も水の映画です。大阪の夜の河を撮りました。
2012年から2019年までの期間に、何が変わり、何が変わっていないのか、短編をすべて上映いただく中で、フィルモグラフィーを通した視線の軌跡を感じていただければ、とてもうれしく思います。
〈小田 香(おだかおり)/フィルムメーカー〉


会期

2019年10月19日(土)・20日(日)


上映スケジュール

両日とも

14:00~ program A
15:30~ 作家トーク
17:00~ program B


参加費

1プログラム:一般1,000円 学生500円
2プログラム:一般1,500円 学生800円


関連企画

10/19(土)〜10/25(金)に出町座にて監督:小田 香 × 監修:タル・ベーラ(『サタンタンゴ』)作品の「鉱 ARAGANE」を1週間限定で上映!
詳細はこちら


近日開催

The Best of Punto Y Raya 2018 Abstract Art in Motion

omoide

“抽象映画の躍動”(ライブと上映)

ポーランド発、プント・イ・ラヤ フェスティバルに集まる短編フィルムは、具象的イメージとは全くかけ離れた、ハード・コアな抽象映画。1920年代、ヨーロッパの前衛芸術家による純粋映画と絶対映画を継承し、アートとメディアの交錯点として意識する。本セレクションは、2018年10月ポーランドで開催された第7回フェスティバルで受賞したファイナリストの作品集(総時間70分、13カ国の作家、18作品)、ポーランド人作家(Aga JarząbとMaciej Bączyk)によるライブ、その後に上映を予定している。日本発公開、是非ともご覧ください。

会期

2019年11月4日(月)


特別ライブ

Aga JarząbとMaciej Bączyk(from Poland)によるPin Park (アナログシンセ)とkinoMANUAL (ライブアニメーション)を行ないます。
※ライブ終了後、プント・イ・ラヤ上映(70分)があります。


時間

OPEN:18:30
START19:00


料金(ライブ+上映含)

一般1000円(学生500円)


Japanese Art Animation Collection Vol.004

Oda

Lumen galleryがセレクトした日本を代表するアートアニメーション作品の上映企画 第4弾!

JAAC (Japanese Art Animation Collection) シリーズについて

日本のアニメーションが世界的なブームとなり、日本再生の原動力のように持ち上げられた近頃の状況を全否定するつもりはないが、JAACに集まった全てのアニメーション作品は、大作アニメーションと同様に扱う事を憚られるほどにシャイでピュアで、何よりも作り手自身に向けられた厳粛な自己洞察の眼差しが潔いと思う。このような「Another Animation」とも言うべき、なんとも呼び様のない個人の内的発露としてのアニメーション技法による映像作品を、「ART ANIMATION」と呼ぼうと思う。
幸いな事に、Lumen galleryの近い位置には、このような作品が膨大に隠されている。


会期

2019年11月9日(土)・10日(日)


上映スケジュール

両日とも

16:00~
18:00~


参加費

1プログラム:1,000円


参加作家

幸 洋子 / 折笠 良 / 久保 雄太郎 / 横須賀令子 / ALIMO / 倉重 哲二 / IKIF / 相内 啓司 / 古川 タク


KINO-VISION 2019

Oda

全国の学生作品を一望する上映会!

会期

2019年11月15日(金)・17日(日)


下京想い出写真館

omoide

「下京区生誕140周年」記念写真展

菊花学区、有隣学区及び松原通に長くお住いの方々にご協力をお願いして、お蔵や押入れや引き出しの奥に眠っているいにしえの下京区を捉えた古い写真をご提供頂き、写真展、スライド上映会、いにしえ語りなどのイベントを開催します。

会期

2019年11月19日(火)・24日(日)


copyright by 光束舎 2018 last update 2019/10/12